プレイ日記09 Virtual★Reality

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

プレイ日記09

2013/12/12 Thu 00:13

メガストーン集めをしたくて、昨夜バトルハウスに挑戦してきました。
対戦用に育てた特別な3匹のポケモンを連れて―・・・。

なんとか連勝できました。中盤に対戦したトレーナーのマッギョ危なかった。
うっかり倒されるところでした



博多弁使いのラニュイさん、妙なテンションで不思議な方だったなぁ。
そんなこんなで外でたらお隣さんもいて対戦することに。

メガシンカ使えるようになってた。嬉しそう。

アブソルナイトを2つ見つけたらしく、1つくれた。ありがとう!
「ヒャッコクの日時計前で待つ」・・・プラターヌ博士からの伝言もくれた。

久々に会うと思うと心が弾む。ヒャッコクに行く前に、ミアレのサロンに
寄ってから行くことにした。と、そこまではよかったのだけど

真向かいにトレーナープロモ スタジオあるじゃないですか。

 

うっかり入っちゃったら撮影しなおしてみたら?みたいな運びになって気付いたら
エレザードとはしゃいでいました。博士のこと忘れてた。
慌ててヒャッコクに飛んだ。いた。
ずっと待っててくれたのかな。ちょっとセンチメンタルな気分。

 border=

気まずい。

博士知ってますよね、僕が貴方のこと好きだってこと。何でこんなところに
呼び出すんですか。なぜホロキャスター使って直接呼び出さないんですか。

あ、せっかくなのでBGMは蒼いうさぎでお願いします。



確信犯ですよね。自覚ありますよね??

僕はただ、黙って話を聞いていた。あちこち呼び出しては去りゆく
身勝手な人。お決まりのパターン化してますよね。

でも、気のせいでしょうか。
貴方が呼び出すところはいつも貴方の思い出の場所。

旅するトレーナーに想いを重ねているのですか?
自分が成せなかったことを、僕に託そうとしているのですか?

僕は貴方にとってなんなんですかっ!

目を合わせることもできず、言い出すこともできず
博士が何を言っているかもろくに聞いていなかった。

行ってしまった。


そして僕は今日の20:00~21:00、メガストーン集めを
すっかり忘れたのだった。 ←

- - - - - - - - - - - - - - -

フフ。博士も♂主人公くんもお互いモヤモヤすればいいと思います!
大人と子供の恋愛ブギウギーーー!!!

目が据わっている博士と顔を真っ赤にした♂主人公とか妄想して
ニヤニヤ。お粗末さまでしたm(_ _)m
ゲーム関連 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。